2016年10月09日

一尺六寸ゲット!

お久しぶりです。
今日は、玉水さんのところに一尺六寸管を選びに行きました。

今まで本曲を吹くために楽器を選んでいましたが、六寸となると話は違います。
箏と合わせる場合、音色や音程についても、しっかり考えて楽器を選ぶ必要があるようです。

10本以上吹いたのですが、すぐに2本に絞り込みました。
吹き慣れてくると、どちらもしっかり鳴ってきて、本当に悩みました。
何回も試奏してみましたが、結局、自分が吹いていて楽しい方に決めました。
ハマった時の音色がなんとも言えず、それが頭から離れなくて。。。。

これで一尺六寸、一尺八寸、二尺三寸(A管)が揃い、現代曲から本曲まで大よそ対応できるはず。
来年の演奏会では、「キビタキの森」を演奏するかな。

そうそう、六寸を吹きすぎて、八寸の音が全然当たらなくなりました。困った!(>_<)

★おわり★
posted by ラブリー♪ at 18:06 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器のこと(フルート・尺八) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

尺八を始めてもう4年!

こんにちは。
お久しぶりです。
またまたブログを放置してしまいました。

気付けは、尺八を始めてもう4年。
4年たったから、それなりに吹けるようになったかというと、まだまだ全然。
尺八は楽器のコントロールが難しくて、悪戦苦闘している状態です。

4年経って思うのが、尺八の古典本曲というのは、何度吹いても飽きない。むしろ、何回も吹いていくことにより、旋律が体の中に段々と染み入る感じが清々しく感じます。

私のお気に入りは手向と言う曲。
非常にシンプルな曲ですが、これがまた難しい。
どんな曲かというと、なかなか説明し辛いので、先月、石の会で演奏した私の演奏をアップしますので、聴いてみてください。
4年経ってもこの程度か、とずっこけないように(笑)


また時間があればブログを更新していきたいと思います(^^)

★おわり★
posted by ラブリー♪ at 16:27 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン(フルート・尺八) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

お久しぶりです。

こんにちは。
お久しぶりの更新です。
気が付けば、もう6か月も更新していませんでした。

まず報告。この6か月の間に入籍しました。まさか結婚するとは思いませんでしたね。
来月の結婚式に向けて、ただ今準備に大忙しです。

さて、本題の尺八の話題に入りましょう。
A管の尺八を買った時は、メリの音は出ないし音程下がらんし、こんな楽器ふけるんかな。。。と思っていましたが、いまやA管の方が八寸より吹きやすい状態になっています。

尺八が上達した、というより、慣れてきたみたいな感じですね。
長管を吹き始めて八寸の音も変わってきたし、尺八というのは、本当に吹く度に発見があって面白い楽器です。
こんな楽しい楽器なのに、なんでみんな吹かないんだろうかね(^^)

☆おわり☆
posted by ラブリー♪ at 12:50 | 大阪 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 尺八のこと(練習・雑感など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

長管用の露きりはバスクラリネット用スワブがおススメ

さて、今日も尺八グッズの紹介。

今日は、露きりシリーズ第二弾。
昨年から、長管(A管)を購入して、露きりも新調しました。
今回も、やはり西洋の管楽器用です。
長管は内径が太いので、露きりの布の部分も広くなければならない。とすると、やはりバスクラリネット用のスワブしかないと思い、早速購入してみました。
購入したのは、クランポンのバスクラリネット用スワブです。確か、2千円くらいで買えました。
※クランポンは、クラリネットを製作しているメーカーです。

スワブを長管に通してみたところ、これ以上ないほどのピッタリなサイズ感。しかも、管内の水滴も良く取れます。
某ホームページには、「一般的な木綿製のスワブのようにけばだつことがなく、トーンホールに毛羽立ちによる細かな繊維のホコリが溜まりません!また、両側にヒモが付いているため、管内に詰まらせることなく初心者の方でも安心してクリーニングができます。吸水性能も高く、しかも何度洗濯しても能力は落ちず衛生面でも良い商品です。」と書いてあります。正にその通りで、これ以上ない性能と言えるでしょう。

ちなみに、私はスワブを1回通すだけです。1回で管内の水滴が綺麗に取れます。

吸水性が良く、何度でも洗濯できて、耐久性があるスワブ。これはもう尺八に使うしかないでしょうね。
ちなみに今は、このクランポンのバスクラリネット用スワブを、一尺八寸にも使用しています。

クランポンのスワブでなくても、ヤマハのバスクラリネット用のスワブも良いかもしれません。
ヤマハのは、マイクロファイバーを使用しているので、吸水性は素晴らしいと思います。

尺八は、楽器によって管の内径が結構違うので、バスクラリネット用スワブを買っても、もしかすると合わない楽器もあるかもしれません。そこのところはご了承ください。
※ちなみに、僕は、使えなくてもいいや!くらいの勢いでスワブを購入しました(笑)

☆おわり☆
posted by ラブリー♪ at 05:21 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 尺八・フルートグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

Patagonia Refugio Pack 28L Patagonia Refugio Pack 28L

さて、今日は久しぶりに尺八関連のことを書きます。久しぶりに。

笛吹きというのは、フルートにしても、尺八にしても、楽器を入れるバッグについては、色々と悩むものです。
実際、フルートを吹いていた時は、いくつかバッグを試してみましたが、なかなかコレ!というバッグには出会えませんでした。
楽器専用バッグのアルティエリやナホックも使ってみましたが、結局は、どちらか一つを使い続けることはありませんでしたね。
確かに、ナホックはフルートバッグとしては優秀ですが、あれこれ持ち運ぶ時は使い難かったです。楽器の大きさも関係しているのでしょうけど。

さて、話しを戻しまして、今回紹介するのは、尺八を持ち運ぶバッグ。
私は、今まで尺八を持ち運ぶのに、AS2OVのトートバッグを使用していました。尺八のA管も横にして入るくらいの大きさで、まぁまぁ満足していました。

今回、パタゴニアのRefugio Pack 28Lというリュックを旅行用に購入したところ、これが素晴らしく使いやすい(^^)
軽いし、ポケットも沢山ついていて、荷物も整理できます。
余りに使い易いので、尺八(八寸とA管の2本)と楽譜を入れてみたところ、丁度良い大きさ。背負ってみると、重量が背中に分散されて、疲れにくそうです。

なるほど、リュックを背負っている尺八吹きが多いことに納得しました。
確かに、アウトドア系ブランドのリュックって、機能的ですしね。耐水性のある素材で作られているので、楽器にもぴったりだと思います。

久しぶりに良い買い物をしたようです(^^)

☆おわり☆
posted by ラブリー♪ at 23:21 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 尺八・フルートグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

尺八レッスン 36回目と37回目

久しぶりの更新です。
36回目の尺八レッスン、全く覚えていません(汗)

今日は37回目のレッスンでした。
2週間、全く尺八に触っていない状態でのレッスンでしたが、思ったほど調子は悪くない。
ただ、長管を長いこと触っていないと、メリの指加減を忘れてしまい、ツのメリ音が全く下がらない。打破を吹いた時は、まだマシだったと思うのだけれど。。。。

3月から、ボイトレを止めて、尺八に集中しようと思います。なんせ、打破から新しい曲に進めていませんから。山越で挫折している状態です(^_^;)
先ずは長管に触る時間を増やそう♪

☆おわり☆
posted by ラブリー♪ at 22:13 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン(フルート・尺八) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

尺八レッスン34回目と35回目

おはようございます。
只今5時です。昨日早く寝すぎて朝早いです(^^)
前回のレッスンから1週間ほど経ちますが、今更ながら更新。しかも、まとめて。

34回目のレッスンは、仕事の疲れがピークになっていたので、本当に辛かった。先生はお構いなしに本曲やら蘭童曲を通していくのです。
途中、先生、もう勘弁してください。。。と言いたくなることが何度あったか。疲れすぎて息は吸えない音は出ないの状況でしたからね。
尺八は本当に体を使う楽器だと痛感させれられました。

35回目のレッスン
体調については、まずまずの状態で臨むことができました。
しかし、忙しすぎて2週間ほど全く尺八に触っていない。音も満足に出ない。
でも、先生に言わせると、良く吹けていますとのこと。
よくわかりませんわ。

来月は忙しくてレッスンに行くことができません。。
なるべく尺八に触れる時間を増やしていかなければ。。。。

☆おわり☆
posted by ラブリー♪ at 05:23 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン(フルート・尺八) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

尺八レッスン33回目と石の会演奏会

この前の土曜日は、33回目の尺八レッスンでした。
初めから終わりまで長管でのレッスンでした。
しかし、体のコンディションが最悪で、ブレスが吸えないほど体が硬くなっておりました。。。。

レッスンを受けて痛感したのが、尺八の、というか本曲の音程がまだまだ体に入っていないこと。
どうも西洋音楽の音程感に染まってしまっている自分。
尺八を始めたばかりの頃は、ツのメリを低めに取ることに抵抗を感じていたのは事実。それから低めに取ろうと意識しすぎて、今度はツのメリが低いと言われる始末。
ウツレーと吹いても(あっ、ツの音はメリですよ)、心地よい音程というのはまだはっきりと分からないのです。
西洋音楽でも尺八音楽でも、演奏の質を上げるには音程は絶対必要だ。がんばろう。

さて、翌日は、石の会演奏会でした。
この日、ロシア人のパーシャさんが飛び入りで素晴らしい演奏をしたのです。まだ尺八を始めて2年ほどというではないか。キャリアとしては、私と同じくらい。。。これは負けるわけにはいかないと思い、気合を入れてステージに上がりました。

特に緊張したわけでもないが、楽屋の80%程度の音しか出せませんでした。なぜか?この点について、同門の方と議論した結果、緊張していなくても、いつもと違うと感じた時点でダメなんだという。集中力が足らんと言うことでしょうかね(^^)

ともあれ、本番は出来は、個人的には満足いくものでした。まさか、長管デビューでここまで吹けるとは思っていませんでした(^^)

来年は、現代曲でも演奏してみたいなぁ。ぐっと歌い込める美しい尺八曲、吹いてみたいものです。六寸の竹がまた必要になるか(笑)

☆おわり☆
posted by ラブリー♪ at 22:29 | 大阪 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン(フルート・尺八) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

長管を吹く!

今日も練習してきました。
と言っても1時間半だけですが(^_^;)
今日は録音してみました。
自分で録ってみると、下手なところが良く分かります。
ここは歌えてないとか、ここはメリしろが足りないとかね。

ともあれ、本曲をA管で吹きだしたら、もう8寸なんて吹けないぜ!となってしまうのです(^^)
それほどに長管は吹いていて楽しい。それに、八寸よりも、長管の方が良い音がしているのは気のせいか。長管をゲットしてから、まだ2か月。2か月でこれで、まだまだ良くなるのかと思うとワクワクします。

今日の収穫は、甲のロ音。鳴らすポイントが分かってきました。まだ打率は低いけど、当たった時は気持ちの良い音がします。。。
今日の録音は下記にアップしています。聴きたい方はどうぞ。
http://firestorage.jp/download/beaec77ee91f04a30f0ebbf5faa88a9275f206cf

☆おわり☆
posted by ラブリー♪ at 22:12 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | フルート練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尺八レッスン 32回目

昨日は、尺八レッスン32回目でした。
ほとんど長管(A管)を吹きっぱなし。でも、前回と比べて手や腕が痛くならなかったし、息の使い方も慣れてきたのか、全くストレスがなかったです。
先生からも、当たった時の音は「かなり冴えている」と言われました。もう少し練習すれば、音の面に関しては予定通り演奏会までには何とか仕上げていけそうです。

しかし、長管の良い音というのは良くわかりません。長管は明らかに雑味の多い音になるし、私の楽器は地無し風の音色がするので、八寸とは全く違う方向の音になるのです。
納得のいかない音で吹いていたら「良い音してますよ」と先生。その時の音は、響きもない感じだったし、スカスカして外したような音でした。が、その雑味が混じった時の音が良い音色なんですって。

元フルート吹きの性か、どうしてもクリアな音を目指してしまうのが辛いところ。尺八は、雑味の混じり方がその人の個性。何回も自分に言い聞かせているところですが、ふと気づくとフルート的思考に戻っています。

それと、尺八は首振り3年とか言われますが、本当に首振りが3年でできるのか?というくら首振りは難しい。打波の後半のウの音で回しまくるところなんか、本当に至難の業。首振りだけは、演奏会までに間に合う気がしません。どうしても間に合わなければ、ごまかして演奏するしかないか(^_^;)

☆おわり☆
posted by ラブリー♪ at 11:08 | 大阪 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | レッスン(フルート・尺八) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする